旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ハイラックス(N60型) 

140726a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にトヨタから発売された4代目ハイラックス(N60型)です。このカタログは84年に、FRP製のルーフを被せて造られたRVである初代サーフが登場したときのものです。サーフは後にパジェロと並んでRVの代名詞的な存在になりましたが、まだこの頃はトラックというイメージが強いですね。

 さて、このハイラックス、カタログでも至るところに記載されているように、『アメリカン』な性格がいちばんのセールスポイントでした。30年前のこのカタログには『僕たちが待ち焦がれていた、陽気でしかも力強いアメリカそのものだ』なんて書かれていますが、当時は後にビッグスリーが窮地に立たされることになろうとは考えもしませんでしたね。良くも悪くも、この30年間で世界は大きく変わり、30年前に『これこそ、待ちに待ったアメリカだ』として登場したハイラックスサーフは、リーマンショックの翌年である2009年に日本市場から姿を消しました。2009年といえば、GMとクライスラーが連邦倒産法第11章の適用を申請した年、サーフは最後まで『アメリカン』を貫いたようですね。

 ところでこのハイラックス、サーフも含め、この段階ではあくまでもトラックベースで、前後輪ともにサスペンションはリーフスプリング方式が採用され、抜群の耐久性を誇っていました。その耐久性を実証するためかどうかはわかりませんが、かつて英国の自動車番組でこのハイラックスをとことんまで痛めつけるという企画がありました。原形をとどめない状態になっても何とか無事に動いていたようです。それにしてもあの番組は滅茶苦茶なことをしますね。興味のある方はYouTubeにアップされているようですのでご覧になってみてください。(https://www.youtube.com/watch?v=xnWKz7Cthkkhttps://www.youtube.com/watch?v=xTPnIpjodA8https://www.youtube.com/watch?v=kFnVZXQD5_k)とはいえ、個人的にはいくら娯楽のためとはいえあそこまでやるのはちょっと見ていて不快な気持ちになってしまいます。紳士の国のはずですけど、ちょっと品がないですね。

 クルマもどんどん進歩して、コンピュータ制御の安全装置、快適設備が当たり前となり、サスペンションの硬さまで制御できるクルマも出てきました。動力源はドライバーが意識することなくエンジンになったりモーターになったりしますし、ぶつかりそうになったら止まってくれ、高速で走行レーンがずれそうになったら自動で舵を切ってくれるそうです。そのような最新のクルマが、あの下品な番組でハイラックスと同様の試練を受けるところを見てみたいものです。ソロバンは水没しても乾かせば使えますが、パソコンは使用不能ですからね。

ハイラックス・サーフ・SR(N60V型)
全長×全幅×全高 : 4435×1690×1745mm
ホイールベース : 2610mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直4OHV 1998cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

スポンサーサイト
[ 2014/07/26 10:21 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(4)

旧車・トヨタ・ソアラ(MZ20/21/GZ20型) 

140416a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年にトヨタから発売された2代目ソアラ(MZ20/21/GZ20型)です。初代のデザインとキャラクターを踏襲したうえで、バブル期ならではのてんこ盛り仕様の高級パーソナルカーとして誕生しました。最上級グレードは500万円に届こうかという価格設定だったにも関わらず、浮かれた時代ゆえに大ヒットとなり、人々の金銭感覚を狂わせることに大いに貢献したクルマでした。

 この2代目ソアラで400万円オーバーを実現し、続く日産シーマが500万円オーバーを達成、さらにセルシオが600万円オーバーになったかと思っていたら、ダメ押しでホンダNSXが800万円という、当時の国産車としては最高額で発売され、ほんの数年のうちに「クルマの価格」というものの感覚が麻痺してしまうようになりました。

 その後、バブル経済が崩壊した後も一度狂ってしまった「高級車の価格帯」はさらに狂い続け、現在では1000万円オーバーどころか、3750万円などという国産スポーツカーも発売されるようになりました。まあ3750万円のクルマというのは例外とはいえ、500万円オーバーのプライスタグはざらで、1000万円オーバーも決して珍しい存在ではなくなってしまいました。世の中変わったものですね。

 私の記憶ではバブル期も大卒初任給は20万円弱で、現在とそれほど違っていなかったような気がします。しかし「高級車の価格帯」は確実に2倍以上になっていますね。とはいえ、それでもビジネスとして成り立っているということは、昔のように台数は捌けなくとも、買ってもらえる方から2台分、3台分をまとめていただく、ということなのでしょうね。

 さて、話を戻してこの2代目ソアラ、はっきり言ってこのクルマは当時の日本人の好みを全て具現化したようなクルマでしたね。かつてクラウンに2ドアハードトップモデルがラインナップされていましたが、初代ソアラ登場後、クラウンから2ドアモデルがなくなりました。つまりソアラはクラウンを高級パーソナルカーとして使っていた層への提案だったわけですね。そしてこの2代目は「いつかはクラウン」という方々へ向けての最終形態、当時考えられる全ての最新テクノロジーが日本人好みのスタイルにまとめられていました。大ヒットとなるのも当然ですね。

 本来はこのソアラの水準で「日本の高級車」が変遷していくはずでしたが、時代はグローバル経済へ突入、これ以降は高級車の基準が「世界の高級車」となっていきました。今考えると、5ナンバー枠に縛られていた最後の「日本の高級車」がこの2代目ソアラだったのかもしれませんね。先に触れたように、このソアラの後、5ナンバー枠に縛られることがなくなってからの高級車は次々にそれまでの常識を超えていきました。それが良かったのか悪かったのかは誰にもまだわからないと思いますが、少なくともソアラのその後を見る限り、なんでも世界基準にすればよいというわけではなさそうです。なんといっても現在の売れ筋ベストテンのうちの7台はこってこての日本基準である軽自動車ですからね。


ソアラ・2000GT-TWIN TURBO L(GZ20型)
全長×全幅×全高 : 4675×1695×1345mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直6DOHCターボ 1988cc 210PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/04/16 11:18 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(10)

旧車・トヨタ・スプリンターカリブ(AL25G型) 

131108a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131108a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131108a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131108a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131108a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131108a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にトヨタから発売された初代スプリンターカリブ(AL25G型)です。“スプリンター”カリブと名乗っていますが、初代はスプリンターベースではなく、ターセル/コルサベースの4WDステーションワゴンでした。2代目、3代目はパッと見てスプリンターベースだとわかりますが、初代についてはちょっとスプリンターの面影がありませんものね。

 さて、この初代スプリンターカリブ、今でこそその存在がなくなってしまったとはいえ、車高の高い乗用車ベースの四駆で、現在人気を集めているクロスオーバーSUVと呼ばれているクルマそのものでしたね。徐々にカロゴン化し、ごく普通の小型ステーションワゴンへと変容していった2代目、3代目に比べ、初代はもっともよい意味で“カリブ”らしい個性がありました。なんといってもカタログの文面に『雪道を駆ける獣かと、それは一瞬思えた』とあるように、“カリブ”とはトナカイの意味だそうですからね。

 ちょっとここで話が脱線しますが、毎年この時期になると、街では必ずユーミンの『恋人がサンタクロース』が流れており、世の男はサンタクロースになってプレゼントを抱えていかなくてはならないような暗示をかけられてしまいます。ユーミンの歌が世に出されたのは1980年の12月、カリブ発売は1982年。ユーミンの歌に影響されて“トナカイ”が出されたのかどうかはわかりませんが、“トナカイ”と意識しながらカリブに乗っていると、1年中サンタクロースにならなくてはいけないようでなんだか複雑な気持ちですね。

 とはいえ、「うちは浄土真宗だからサンタクロースなんていなくても南無阿弥陀仏さえ唱えていればいいんだよ」と言って納得してくれる女性はおそらく世の中に存在しません。それどころか南無阿弥陀仏と表では唱えている坊主も心の中では「檀家さんがサンタクロース、ほんとうはサンタクロース、寄付・お布施をかかえ~て~」なんて唱えているかもしれません。ユーミンの歌はあらゆる世代に影響力が絶大ですから、そろそろ誠実な中年オヤジのためのクリスマスソングも作ってほしいものですね。

 スプリンターカリブはもうなくなってしまいましたが、昨今各メーカーから次々に出されている魅力的な新型クロスオーバーSUVに乗って、ほんの少しだけ増額したボーナスを女性に巻き上げられるシーズンが今年も到来しました。そして息つく間もなく年が明ければ親戚のガキどもが来なくてもいいのにお年玉の集金にやってきます。クルマは消滅してもこの慣習はなかなか消滅しませんね。

スプリンターカリブAV-2(AL25G型)
全長×全幅×全高 : 4310×1615×1500mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1015kg
エンジン : 直4OHC 1452cc 83PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/12/08 10:54 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(8)

旧車・トヨタ・ビスタ(SV10/11型) 

130818a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130818a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にトヨタから発売された初代ビスタ(SV10/11型)です。カムリの姉妹車として登場しましたので4ドアセダンはカムリそっくりですが、ビスタには少し遅れて5ドアリフトバックが追加されました。セダンに比べて全高が低く、見ようによっては幾分スポーティさも感じられますね。

 さてこの初代ビスタ、5ドアのモデルは前年のモーターショーで発表されたコンセプトカーが市販されたものですが、当時、実車を見ると言いようのない不自然さを感じていました。カタログ表紙のようにマツケンさんと多岐川裕美さんのような美男美女が傍らに立っていればそれなりにスポーティでヨーロピアン調の華麗なクルマに見えるかもしれませんが、ビスタ5ドア単体で見ると、どうしてもセダンでもワゴンでもない中途半端なクルマ、に見えてしまいました。かつてアローラインコロナの5ドアハッチで感じた不自然さとまったく同じものが私には感じられてしまいました。

 他の方が同様に不自然さを感じたかどうかはわかりませんが、ビスタの5ドアは次の代ではなくなりました。実用性の面からはとても魅力的な5ドアハッチというボディ形態ですが、デザインを上手くまとめるのはなかなか大変なようですね。そういえば2代続いたアテンザの5ドアハッチも3代目からなくなってしまいましたね。アテンザの5ドアは初代も2代目もとても素晴らしいデザインだと思っていましたので、鼓動デザインの5ドアが見られなくて少々残念です。

 ビスタはその後、カムリと姉妹車関係のまま4代目までモデルチェンジを繰り返し、初の独自設計となる5代目を最後に21年間の生涯を終えました。5代目が生産終了になってから10年経ちますが、まだ3代目以降のモデルは普通に街中で見かけますね。ビスタ店という販売チャネルまで開設した車名でしたが、長期的な展望(vista)がちょっと欠けていたのかもしれませんね。街中でビスタを見るたびにそんなことを考えてしまいます。

 ちょっと話は変わりますが、マイクロソフトのウインドウズ・ビスタもトヨタ・ビスタと同じ意味合いで名付けられています。もしも世界戦略車の車名がカムリではなくビスタのほうだったら、おそらくウインドウズ・ビスタとは名付けられなかったでしょうね。さすがにマイクロソフトも米国でベストセラーとなっているトヨタ車と同じ名前を自社の看板商品には付けないでしょうから。

ビスタ・5ドア・2000VX(SV11型)
全長×全幅×全高 : 4415×1690×1370mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1065kg
エンジン : 直4OHC 1995cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/08/18 18:02 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(9)

旧車・トヨタ・カムリ(SV10/11/12型) 

130122a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130122a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にトヨタから発売された2代目カムリ(SV10/11/12型)です。初代は1980年に登場したセリカカムリでしたが、あちらはカリーナの姉妹車でFR車でした。現在世界中で販売されているFFサルーンの世界戦略車としての実質的な初代は、型式からも明らかなようにこの2代目カムリですね。

 さて、この2代目カムリ、カタログでも『新しい、大きなカムリ』、『長距離クルージングサルーン 大きなカムリ』と紹介されているように、そのコンセプトがとても明快なクルマです。カムリは途中で2代ほど国内専用車が用意された時期がありましたが、グローバルモデルとしてのカムリはずっとこの路線で進んできました。

 この単純明快なコンセプトが米国を始めとする世界中で受け、今や世界8カ国9工場で生産され、100カ国以上で販売されているトヨタの基幹車種となっています。米国では現時点で11年連続の販売台数No.1。そんな輝かしい栄光も、この『新しい、大きなカムリ』からスタートしたんだと考えると、カムリが歩んできた道は成功パターンの王道なのかもしれませんね。

 ということは、きっとこのカムリが歩んできた道は様々な新興自動車メーカーから徹底的に研究されていると思います。このカタログに記載されているキャッチフレーズの数々、『大きなカムリ、長距離クルージングサルーン、もっと遠くへ、もっと快適に。もっと豪華に。もっと楽しく。もっとエコノミーに。もっと力強く。』を煮詰めていけばベストセラーになるわけですからね。

 追う立場から追われる立場になったカムリ、私にとっては「大きすぎる」のでマイカーにすることはないと思いますが、世界の潮流を感じる対象としてこのクルマのこれからに注目していくことはとても面白そうですね。

カムリ・ZXツインカム(SV12型)
全長×全幅×全高 : 4435×1690×1395mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/01/23 17:54 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(15)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。