旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



旧車・トヨタ・ハイラックス(N60型) 

140726a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にトヨタから発売された4代目ハイラックス(N60型)です。このカタログは84年に、FRP製のルーフを被せて造られたRVである初代サーフが登場したときのものです。サーフは後にパジェロと並んでRVの代名詞的な存在になりましたが、まだこの頃はトラックというイメージが強いですね。

 さて、このハイラックス、カタログでも至るところに記載されているように、『アメリカン』な性格がいちばんのセールスポイントでした。30年前のこのカタログには『僕たちが待ち焦がれていた、陽気でしかも力強いアメリカそのものだ』なんて書かれていますが、当時は後にビッグスリーが窮地に立たされることになろうとは考えもしませんでしたね。良くも悪くも、この30年間で世界は大きく変わり、30年前に『これこそ、待ちに待ったアメリカだ』として登場したハイラックスサーフは、リーマンショックの翌年である2009年に日本市場から姿を消しました。2009年といえば、GMとクライスラーが連邦倒産法第11章の適用を申請した年、サーフは最後まで『アメリカン』を貫いたようですね。

 ところでこのハイラックス、サーフも含め、この段階ではあくまでもトラックベースで、前後輪ともにサスペンションはリーフスプリング方式が採用され、抜群の耐久性を誇っていました。その耐久性を実証するためかどうかはわかりませんが、かつて英国の自動車番組でこのハイラックスをとことんまで痛めつけるという企画がありました。原形をとどめない状態になっても何とか無事に動いていたようです。それにしてもあの番組は滅茶苦茶なことをしますね。興味のある方はYouTubeにアップされているようですのでご覧になってみてください。(https://www.youtube.com/watch?v=xnWKz7Cthkkhttps://www.youtube.com/watch?v=xTPnIpjodA8https://www.youtube.com/watch?v=kFnVZXQD5_k)とはいえ、個人的にはいくら娯楽のためとはいえあそこまでやるのはちょっと見ていて不快な気持ちになってしまいます。紳士の国のはずですけど、ちょっと品がないですね。

 クルマもどんどん進歩して、コンピュータ制御の安全装置、快適設備が当たり前となり、サスペンションの硬さまで制御できるクルマも出てきました。動力源はドライバーが意識することなくエンジンになったりモーターになったりしますし、ぶつかりそうになったら止まってくれ、高速で走行レーンがずれそうになったら自動で舵を切ってくれるそうです。そのような最新のクルマが、あの下品な番組でハイラックスと同様の試練を受けるところを見てみたいものです。ソロバンは水没しても乾かせば使えますが、パソコンは使用不能ですからね。

ハイラックス・サーフ・SR(N60V型)
全長×全幅×全高 : 4435×1690×1745mm
ホイールベース : 2610mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直4OHV 1998cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/07/26 10:21 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(1)

旧型車・ホンダ・HR-V(GH1/2型) 

140711a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にホンダから発売されたHR-V(GH1/2型)です。当時ホンダが提唱していた「J・ムーバー」なる概念に沿ったクルマの第2弾として、トールワゴンのキャパに続いて世に出されたロゴベースのSUVライクなクルマでした。ちなみに、「J・ムーバー」とは、オデッセイ、ステップワゴン、S-MX、CR-Vからなる「生活創造車」で新たな生活の形を提案した次の段階として、「Small is Smart」を念頭に置いた、楽しさ(Joyful)を創造するコンパクトなクルマとのことらしいです。次々とクルマを販売し続けるためにはメーカーももっともらしい口実を考えなくてはならないので大変ですね。

 さて、このHR-V、個人的には運転しやすくて使い勝手も良く、初代オデッセイ等よりもずっと良いクルマだと思っていたのですが、私見とは裏腹にあまり販売は芳しくなかったようですね。このカタログは発売時のものなので3ドアモデルしか載っていませんが、HR-Vは後に5ドアモデルが追加され、さらにモデル後半には3ドアモデルが廃止という、ちょっと変わった運命を辿りました。このクルマのキャラクターとして3ドアモデルがもっともまとまっていると思っていましたので、3ドアモデルが廃止された時にはちょっとホンダの営業戦略に疑問を感じたものでした。このクルマ、発売時の3ドアモデルと生産終了時の5ドアモデルとではずいぶん印象が違うんですよね。

 HR-Vは新型が出ることなくこの代で消滅してしまいましたが、現在ホンダから発売されている新型SUVのヴェゼルが米国ではHR-Vとして販売されるようですね。HR-VはロゴベースのSUV、ヴェゼルはフィットベースのSUVですから成り立ちは同じようなものだとはいえ、両者のキャラクターはずいぶん異なるように感じられます。HR-Vは今までにないJoyfulを持ったコンパクトなクルマとして開発されたクルマ、ヴェゼルはSUVやクーペ、ミニバンそれぞれの良いところを融合させることをコンセプトとして開発されたクルマ、コンセプトが違うとクルマのイメージもずいぶん違いますね。

 ホンダに限らず、新型車が世に出されるときには先代のキープコンセプトであったり、新しい価値観を前面に出したものであったり、複数の要素を融合させたり、またはある要素に特化したりと、それぞれにテーマを持って開発されます。それらのテーマは時代背景に大きく左右されているようですが、クルマの歴史もこれだけ長くなってくると、びっくりするような目新しさを感じることは少なくなってきました。もうじきヤマハがかなりカッコいい125ccの3輪スクーターを発売するようですが、自動車メーカーもそれに匹敵するような新たなテーマを提案してほしいものですね。

HR-V・J(GH1型)
全長×全幅×全高 : 3995×1695×1590mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 1110kg
エンジン : 直4SOHC 1590cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/07/11 10:37 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(4)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。