旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



旧車・日産・アベニール(W10型) 

150713a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150713a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売された初代アベニール(W10型)です。当時そこそこ人気があったプリメーラのワゴンに当たりますが、セダンの新しい方向性を感じさせていたプリメーラとは違って、なんだかいかにもライトバン然とした平凡なステーションワゴンでしたね。CMのキャッチコピーでも『スポーツカーの次に来るもの。』などといかにも新たな時代への提案を強調していましたが、スポーツカーの次に来るものが商用ライトバンもラインナップしているボディタイプのステーションワゴンだとちょっとがっかりですね。

 さて、この初代アベニール、多くの方が上記のように思ったのかどうかはわかりませんが、後のマイナーチェンジ時にはワゴンモデルのみスタイルを大幅に変え、商用バンとの差別化を図ることとなりました。当時、サリューというサブネームが付いたり消えたりと、スタイル同様、アベニール自体の立ち位置がなんとなくふらふらしていたような気がしましたね。

 そんな、個人的にはあまり良い印象を持っていなかった初代アベニールですが、私の知人に今も初代のずんぐりしたアベニールに乗られている方がいます。それもワゴンではなく、ライトバンのほうにです。うちにちょくちょく来てくださる80近くになるおばあさんなのですが、今までは彼女のクルマなどまったく気にもしておらず、ずっと古いADバンだと思っていました。先日、スイカを持ってきてくださったときに何気なく間近でクルマを見たら、アベニールとのロゴが目に留まり、初めてアベニールのバンだと気付きました。「あっ、これ、アベニールだったんだ」、「わからんけどニッサンだわ」。クルマについての会話はこれで終わりました。

 農業をしておられる方で、自宅と畑が離れているから道具一式を常に車に積んでおられるとのこと。当然後部座席はずっと倒されたままで、荷室スペースはかなり汚いです。しかし、そのときに初めて初代アベニールのずんぐりしたスタイルがカッコいいと思い、スポーツカーの次にこれが来てもいいかなとも思ってしまいました。機能をフル活用されている状態のクルマってとてもカッコよく感じてしまうものですね。ちなみに彼女、いつも野良着で畑仕事をしていますが、すごい豪邸に住んでおられ、旦那さんは大きな会社を経営されている方です。たまに近所のスーパーでバッタリ会ったりしますが、そのときにはお互いのカゴの中に、たいてい半額シールが貼られた同じ刺身が入っています。目玉商品がさらに半額になるタイミングを狙って行くから時間帯と買うものがかぶってしまうんですよね。

 先日、年金額が少ないからと不満を漏らし、新幹線で焼身自殺し、何の関係もない他人まで死なせてしまったという事件がありました。その人物の姉曰く、田舎に帰って畑仕事はしたくないと言って都会に留まっていたとのこと。考え方は人それぞれですから人のことをとやかく言うつもりはありませんが、なんだかやりきれない気分ですね。年金額が少ない、生活保護費が少ない、給料が少ない、ボーナスが少ない、果ては株価が下がった、もう生きていけない、どうしてくれるんだ!国内でも、中国でも、ギリシャでも、不平不満のオンパレード。いったいどの部分の歯車が狂ってしまっているんでしょうね。

アベニール タイプ2.0si:(PW10型)
全長×全幅×全高 : 4460×1695×1490mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/07/13 20:07 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(6)

旧型車・マツダ・デミオ(DY型) 

150615a01.jpg

150615a02.jpg

150615a04.jpg

150615a05.jpg

150615a06.jpg

 2002年にマツダから発売された2代目デミオ(DY型)です。これ、うちの家族のメインカーです。既に購入からまる10年経っていますが、先日洗車してコーティングしたらまだまだピカピカ。とはいえ、うちのデミオ、洗車するとあちらこちらについている小傷が目立ち、恥ずかしいから拡大画像はアップすることができません。コーナーポールを付けているところからも、メインドライバー(私ではありません)の運転技術を察してください。(まったく、こんな小さなクルマでどうやったら右側のドアをこすることができるんだろうか?流石に近所の目が気になり、コーナーポールの二刀流まではできません。)

 さて、この2代目デミオ、初代デミオでブレイクしたハイトコンパクトスタイルを踏襲し、グローバルなプラットフォームで一新された車体です。初代に比べると明らかに造りが良くなっており、車格も一段上がったかのように感じられるほどです。実際に少々大きく、そして重くなっていますが、数値以上にどっしり感が増しているように思います。

 うちにあるのは1.3Lの4ATモデルですが、大人4人が乗車した状態で高速道路を走っても特に非力さを感じることはありませんし、直進安定性も十分すぎるほどです。一家に一台というファミリーカー用途としては、見栄を張らなければこのデミオでまったく困ることはありません。MTで私しか運転できないアクセラとこのデミオ、一台削らなくてはならないとなったら確実に私のアクセラが削られると思います。

 ところでこのデミオ、3枚目の写真の通り、後席をたたんだ時の荷室スペースがかなり広く、おまけに開口部がとても広いです。うちのデミオは普段からこの状態となっており、毎日この広大なスペースに収穫した野菜を積み込んで出荷しています。コンテナやダンボールを何箱も載せた上に、台車まで積み込むことができるのでとても重宝しています。デミオは3代目、そして現行型の4代目もこの広大な荷室スペースを放棄してしまいましたから、スタイル、性能は魅力的ですが我が家の用途を満たすことができなくなってしまいました。買い替えなくてもいいように、このデミオを大切に扱っていこうと思っています。

 6月に入り、東海地方も梅雨入りして、暑い日が続くようになってきました。写真の通り、ミニトマトも色づき始め、ピーマンは既に出荷を開始しています。いよいよ夏野菜の季節、これからは毎日収穫作業が忙しくなってきます。どんどん収穫してどんどん出荷して、一儲けしなくてはなりません。このデミオにはまだまだ働いてもらわなくてはなりませんね。

デミオ・カジュアル(DY3W型)
全長×全幅×全高 : 3925×1680×1530mm
ホイールベース : 2490mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1348cc 91PS



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/06/15 16:26 ] 2000年代マツダ | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。