旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



旧型車・トヨタ・カムリ(V40型) 

150411a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にトヨタから発売された5代目カムリ(V40型)です。北米でベストセラーになっている現在の大きなカムリと同じ車名を名乗っているのが信じられないぐらいコンパクトで控えめなセダンですね。この代は国内専用カムリとしての最終型で、このカムリが販売されていた期間に途中から世界標準のカムリがカムリ・グラシアとして併売されることとなりましたから、歴代カムリの中でもちょっと影が薄い存在でしたね。

 さて、この5代目カムリ、当時うちにありました。亡くなった父が最後に乗っていたのがこのカムリでした。病気を患い、大きな手術をした後に、それまで乗っていたクラウンから何を思ったのか、このコンパクトなカムリに乗り換えました。世間体と見栄を重要視する戦前生まれの典型的な『田舎の』重鎮だった父はずっとセドリックやクラウンを乗り換えていましたが、長い入院生活でいろいろと考え方が変わったように感じられました。

 数年後、病気が再発して今度は手術をしてもダメでしたので、このカムリに乗っていた期間はそれほど長くありませんでしたが、亡くなる数ヶ月前にこれに乗って家族で北陸のほうへ旅行へ行き、千里浜なぎさドライブウェイを走ったことはとても懐かしい思い出です。旅行へ行った時にはまだ美味しく物を食べることができ、お酒も飲むことができる状態でしたので、氷見の美味しい魚をたらふく堪能してもらうことができました。思い立ったときにすぐ行動しておかないと、次の機会はないかもしれないということを、この旅行を思い出すたびに実感します。

 ちょっと話がずれてしまいました。このカムリ、うちにあったのは1.8Lのグレードでしたが、とても車両感覚が掴みやすくて運転しやすいクルマでした。まるで教科書に載っているかのような典型的なセダンスタイル、パワーは必要十分で乗り心地は当時のトヨタ車そのもの、車格の割には大きな室内空間とトランクルーム、非の打ち所もない一方、取り立てて強調する点もないクルマでしたね。クルマに存在感がない分、そのクルマに乗って行ったところやドライブ中に話したことなどの記憶が鮮明に残っていますから、それこそがこのクルマのいちばんの魅力かもしれませんね。

 国産車の黎明期からとっかえひっかえクルマを乗り換えてきた父が最後に選んだのはごくごく普通のオーソドックスなクルマ。今でこそダウンサイジングという言葉はあまり抵抗のないものになっていますが、当時は、特に田舎では少なからず抵抗があったに違いありません。以前別の記事で書いたことがあるかもしれませんが、うちで法事をやると見栄っ張りの親戚連中が乗り付けてくる高級車がずらりと並びます。そしてご先祖様の供養そっちのけで自慢大会。父は最後に自分の行動で、ああいう馬鹿者どもは相手にするな、と教えてくれたような気がします。

カムリ・ルミエール(SV40型)
全長×全幅×全高 : 4625×1410×1695mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1170kg
エンジン : 直4DOHC 1838cc 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/04/11 11:30 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(6)

旧車・日産・スカイラインGT-R(KPGC110型) 

150313a01.jpg

150313a02.jpg

150313a03.jpg

150313a04.jpg

150313a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150313a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1973年に日産から発売された2代目スカイラインGT-R(KPGC110型)です。この型のGT-Rはわずか4ヶ月の間に197台が生産されたのみの幻のGT-Rであったことは皆様ご存知の通り。残念ながら私はこのスカイラインGT-Rのカタログは持っておりません。過去に見た記憶もないので、倉庫を隈なく探しても出てこないと思います。ということで、写真は京商製の1/18ミニカーです。普段は応接間の棚に飾ってあるので、親戚の子供がおもちゃ代わりにして遊ぶこともたまにありますが、奇跡的にまだ無傷です。もっとも、ショーケースに入れて飾ってあり、子供でもそれなりの高級感を感じるようで、「西部警察ごっこ」はしないようですから助かっています。

 さて、このスカイラインGT-R、恥ずかしながら私は公道で実際に走っているところを見たことがありません。箱スカGT-Rは何度か見ましたが、やはり台数として約10分の1しか存在していないクルマですから、希少価値としては相当なものなんでしょうね。このミニカーを購入したのはかれこれ7、8年前のことですが、おそらく私自身もケンメリGT-Rに対してはその希少性への憧れを無意識のうちに持っており、箱スカではなくてこちらを選んだのだと思います。

 それにしてもこの手のミニカーって、とても精密にできていて重量感もあって素晴らしい出来なんですが、高いですね。テレビでショーケースにずらりと並べておられるマニアの方が紹介されているのを見たときに、漠然と自分の部屋もあんな感じにしてみたいと思って初めて購入したのがこのケンメリGT-R。その時点で私の財布は底を尽き、一旦終了。数年後、念願の2台目としてRX-8を購入し、そこで財布の底と同時に意識も底を尽き、永遠に終了となりました。そのような経緯から、うちの応接間には何の関連もないケンメリGT-RとマツダRX-8が2台仲良く並んでいます。

 当時のプリンスのラインナップ小冊子によると、ケンメリGT-Rが生産終了となった後は、GTX-E S TypeというグレードがGT-Rの立ち位置を継承したようですね。とはいえ、クルマ好き、特にスカイラインやGT-Rに夢中だった方々は、まさかその後、R32の時代までGT-Rが出ないなんて夢にも思わなかったでしょうね。現在は日産GT-Rとして更なる進化を遂げ、世界中から愛されるスーパーカーになっています。もはやかつてのGT-Rに憧れた人々が興味を持つようなクルマではないような気がしないでもありませんが、あれはあれで「日産GT-R」として新たな伝説を作っていくんでしょうね。うちの応接間に加わる予定は、・・・きっとないでしょうね。

スカイライン・2000GT-R(KPGC110型)
全長×全幅×全高 : 4460×1695×1380mm
ホイールベース : 2610mm
車両重量 : 1145kg
エンジン 直6DOHC 1989cc 160PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/03/13 16:40 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。