旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



旧車・トヨタ・ソアラ(MZ20/21/GZ20型) 

140416a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年にトヨタから発売された2代目ソアラ(MZ20/21/GZ20型)です。初代のデザインとキャラクターを踏襲したうえで、バブル期ならではのてんこ盛り仕様の高級パーソナルカーとして誕生しました。最上級グレードは500万円に届こうかという価格設定だったにも関わらず、浮かれた時代ゆえに大ヒットとなり、人々の金銭感覚を狂わせることに大いに貢献したクルマでした。

 この2代目ソアラで400万円オーバーを実現し、続く日産シーマが500万円オーバーを達成、さらにセルシオが600万円オーバーになったかと思っていたら、ダメ押しでホンダNSXが800万円という、当時の国産車としては最高額で発売され、ほんの数年のうちに「クルマの価格」というものの感覚が麻痺してしまうようになりました。

 その後、バブル経済が崩壊した後も一度狂ってしまった「高級車の価格帯」はさらに狂い続け、現在では1000万円オーバーどころか、3750万円などという国産スポーツカーも発売されるようになりました。まあ3750万円のクルマというのは例外とはいえ、500万円オーバーのプライスタグはざらで、1000万円オーバーも決して珍しい存在ではなくなってしまいました。世の中変わったものですね。

 私の記憶ではバブル期も大卒初任給は20万円弱で、現在とそれほど違っていなかったような気がします。しかし「高級車の価格帯」は確実に2倍以上になっていますね。とはいえ、それでもビジネスとして成り立っているということは、昔のように台数は捌けなくとも、買ってもらえる方から2台分、3台分をまとめていただく、ということなのでしょうね。

 さて、話を戻してこの2代目ソアラ、はっきり言ってこのクルマは当時の日本人の好みを全て具現化したようなクルマでしたね。かつてクラウンに2ドアハードトップモデルがラインナップされていましたが、初代ソアラ登場後、クラウンから2ドアモデルがなくなりました。つまりソアラはクラウンを高級パーソナルカーとして使っていた層への提案だったわけですね。そしてこの2代目は「いつかはクラウン」という方々へ向けての最終形態、当時考えられる全ての最新テクノロジーが日本人好みのスタイルにまとめられていました。大ヒットとなるのも当然ですね。

 本来はこのソアラの水準で「日本の高級車」が変遷していくはずでしたが、時代はグローバル経済へ突入、これ以降は高級車の基準が「世界の高級車」となっていきました。今考えると、5ナンバー枠に縛られていた最後の「日本の高級車」がこの2代目ソアラだったのかもしれませんね。先に触れたように、このソアラの後、5ナンバー枠に縛られることがなくなってからの高級車は次々にそれまでの常識を超えていきました。それが良かったのか悪かったのかは誰にもまだわからないと思いますが、少なくともソアラのその後を見る限り、なんでも世界基準にすればよいというわけではなさそうです。なんといっても現在の売れ筋ベストテンのうちの7台はこってこての日本基準である軽自動車ですからね。


ソアラ・2000GT-TWIN TURBO L(GZ20型)
全長×全幅×全高 : 4675×1695×1345mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直6DOHCターボ 1988cc 210PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/04/16 11:18 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(6)

旧車・トヨタ・カローラバン(E100V型系) 

140404a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にトヨタから発売されたカローラバン(E100V型系)です。最近ではすっかりプロボックスがライトバンとして定着してきましたが、それ以前はライトバンといえばカローラバンが定番で、この最後のカローラバンもあらゆる業種の至るところで使われていましたね。まさに働くクルマの代名詞のような存在でした。

 さて、このカローラバン、手頃な大きさで下駄代わりにどんな道でも入って行けて、そのうえ酷使してもほとんど壊れることなく耐久性も申し分なし、たまに高速道路を走れば信じられないスピードで追い越していくのもこのカローラバン、様々なシーンで働く人々をサポートしていた素晴らしいクルマでした。

 昔、交差点で信号待ちをしていたときに後ろから追突されたのもこのカローラバン。ルームミラーで後ろを見ていると、ちょっと減速具合が怪しいと思っていたので身構えていたら案の定、ドカン!幸いそれほどのスピードではなかったのでバンパーに少々傷が付いただけでしたし、私も取引先へ行く途中だったため、名刺だけ預かってすぐにその場を立ち去りましたが、そのカローラバンも限りなく無傷でしたから、少々の事故ももみ消してしまうぐらいの営業センスも持ち合わせていましたね。

 思えばこの最後のカローラバン、世の中の労働環境がどんどん悪くなっていった時代に、社員ともども酷使され続けたライトバンでしたね。高速を猛スピードですっ飛ばすのも無理なスケジュールを強要されてしまうサラリーマンの足として使われたため、信号待ちのクルマに突っ込んでしまうのも、無理なノルマの達成方法を考えているうちに注意力が散漫となってしまったため。

 きっとこのカローラバンを運転しながらリストラされた後のことを漠然と考えたり、このカローラバンの中で鬱になりそうな自分を何とか抑えながら気分転換のタバコをふかしておられた方も多いんでしょうね。今でもたまに街で見かけますが、この最後のカローラバンを見るとなんだか疲れ果てたサラリーマンの姿が自然と連想されてしまいます。

 世の中、一部では少し景気が良くなってきているという話も聞きますが、相変わらず疲れ果てているように見えますね。消費税が上がり、ガソリンはさらに上がり、駆け込み需要の反動が表面化するであろうこれからの時期、いったいどうなることやら。まあ貧乏農家の私にはそれらはほとんど関係ないことで、これからの季節、作物の成長を毎日見ていられる時期なので懐は別として気持ちだけは明るくなります。「春」ぐらい明るい気持ちで過ごしたいものですね。


----- 以下、雑談 -----

先日、高校時代の友人から連絡があり、なんでも同窓会の準備を進めているらしいとのこと。卒業してウン十年経っていますが、同窓会の話なんて初めてです。懐かしいなぁ~と思いつつ、いろいろ話を聞いてみると、なんと幹事となっているらしい中心メンバーのうちの2人は、20年近く前、私に洗剤や鍋で有名なあの会社のビジネスとやらを誘ってきた人でした。
当時、地元の一流国立大の大学院まで出て、さらに地元では誰もが羨む職場に就職していたにも関わらず「一緒に成功を!」とか「一緒に夢を!」とか目をキラキラさせて語りかけてきた彼らを見てショックを受けたと同時に、とても気持ち悪く感じたものでした。
あれってまだあったんでしょうかね?もういい歳になっている彼らが今もあんなことを続けているとは思いませんが、もし辞めているとしても、過去にマルチ商法の誘いをした人たちに同窓会の連絡なんてできるんだろうかと疑問を感じています。
まあ、もし今も続けていてその関連の行為であるのなら、既に断っている私に対して正式には連絡が来ないでしょうからその時点ではっきりしますね。
ちなみに「一緒に成功を!」と誘われたときには、「僕の考える成功はお金では買えないから君達とは一緒に成功できない」というような意味で断ったような記憶があります。お金には上限がないからお金をたくさん稼ぐことを成功と考えると、一生成功しないんですよね。
今、頭の中には柏原芳恵さんの『春なのに』がリピートしています。「春なのに、お別れですか、春なのに、涙がこぼれます、春なのに、春なのに、ため息またひとつ」

----- 雑談、終わり -----

カローラバン 1.5GL (E103V型)
全長×全幅×全高 : 4265×1685×1435mm
ホイールベース : 2465mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/04/03 15:38 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(4)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。