旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



旧型車・三菱・ミラージュ(CA4A/3A/1A型他) 

150213a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された4代目ミラージュ(CA4A/3A/1A型他)です。精悍な顔つきでミニギャランを思わせる先代のスタイルから一変し、丸みを帯びたかわいらしいデザインになりました。当時のテレビCMでは、チィ兄ちゃんと呼ばれていた頃の福山雅治さんとまだあどけなさが残っている深津絵里さんがイメージキャラクターとなっており、そのあまりのさわやかカップルぶりに羨ましさを通り越して不自然さすら感じたものでした。それにしてもあのお二人、あれから20年以上経っているのに相変わらずさわやかですね。

 さて、この4代目ミラージュ、キーコンセプトは『ピュア・イノベーション』とのことです。「虚飾をすて、素地の美しさをを本質から磨きぬいた」デザインが美しいかどうかは個々の好みによりますが、少なくともさっぱりして飽きの来ないクルマのようには思えますね。虚飾に満ちた新型ミニバンなどと比べれば個人的にはずっとこのミラージュのほうが好ましく感じられます。最近の押しの強いコンパクトカーほど存在感もありませんが、意外とサスペンションなどの要素はこちらのほうが立派なものが付いていたりするんですよね。

 ところで、虚飾といえば、最近はクルマに限らずあらゆるものが虚飾に振り回されているような気がしますね。景気回復するためにお金を使え、デフレ脱却するためにお金を使え、地方創生するためにお金を使え、雇用を確保するためにお金を使え・・・。世の中そんな掛け声の大合唱です。既に身の回りの必要な物が揃っている人間は「虚飾」の部分にお金を使うしかありません。なんだかフォアグラ生産農家が無理やりガチョウに餌を与えている光景が頭に浮かんでしまいます。

 虚飾の部分で成り立っている経済は結局のところ虚飾でしかありません。この4代目ミラージュのように、「虚飾をすて、素地の美しさを本質から磨きぬく」ことに目覚めてしまった時点で経済は崩壊します。逆に言うと、普段から虚飾に頼らない自分の生活を確立しておけば、虚飾の経済が崩壊したとしても自分の生活を守ることができるんですよね。これは何も山にこもって自給自足の生活をするということではなく、自分の生活の中で虚飾の部分とそうでない部分を認識しておくことだと思います。

 ちょっと話がずれてしまいました。久しぶりになんともさっぱりした4代目ミラージュの地味なカタログを眺めていたら、妙に清清しい気持ちになりました。このところ、残酷な海外のニュース等が多く、あまり良い話を聞きません。こんな時こそ、たまには自分自身の「虚飾をすて、素地の美しさを本質から磨き抜いて」、自分の中でそれぞれのニュートラルを再確認しておく必要があるのかもしれませんね。自分の中のニュートラルを見失ってしまうと、巨大な虚飾に飲み込まれてしまいかねませんからね。

ミラージュ・スーパーR(CA4A型)
全長×全幅×全高 : 3950×1690×1365mm
ホイールベース : 2440mm
車両重量 : 980kg
エンジン : 直4DOHC 1597cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/02/13 16:24 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(4)

旧型車・ホンダ・アコードワゴン(CE1型) 

150125a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にホンダから発売された2代目アコードワゴン(CE1型)です。カタログにも記載されている通り、『ワゴンの本場アメリカという絶好の環境のなか、アメリカ人開発者の自由で大らかな発想』から生まれた生粋のメイド・イン・USA車種であり、米国で生産されたものが国内で輸入販売されていました。

 さて、このアコードワゴン、国内ではかなりの人気車種だったことは皆様ご記憶にあると思います。一般的に海外現地法人にて開発、生産された車種を輸入して国内販売すると不人気車になるケースが多いですが、このクルマは稀な事例でしたね。当時、知人でこの型のアコードワゴンに乗られていた方が、自宅駐車場で盗難に遭ってしまいました。幸い保険に入っていたようで、また同じクルマを購入したようですが、盗難に遭うのも人気車種だからこそですね。きっと同時期のトヨタ・セプターなら盗難に遭わなかったと思います。

 ところで、この型のアコードワゴンは派手なエアロパーツで着飾っておられるオーナーさんがとても多かったような記憶があります。人気車種だから数多くのパーツが販売されたのか、数多くのパーツがあるから人気車種になったのかはわかりませんが、おそらく双方の条件が良い方向へ重なって絶大な人気を勝ち得ることになったんでしょうね。個人的には、ぬめっと垂れ下がっているように感じられるお尻があまり好みではありませんでした。もっとも、その部分がこのアコードワゴンの魅力でもありましたから、人気車種となる秘訣というのはわからないものですね。

 2代目アコードワゴンの時代からさらに時は進み、グローバル経済の度合いも当時とは比較にならないぐらい大きなものになってきました。人、物、金、情報がいとも簡単に世界中を駆け巡り、グローバル企業だけでなく、個人レベルでも簡単に国境を越えられるような時代になりました。私のラジコン仲間は近所の模型店で部品を購入するのと同じ感覚で海外の模型メーカーに部品を発注し、航空便で受け取っています。海外アーティストの楽曲をネット経由で家にいながらにして購入することなどいまどきは高校生でもまったく珍しい行為ではありません。

 しかしながら、いくら国境を越えることがごく普通のことになったといえども、国境の向こう側の人々は言葉も異なれば文化も習慣も異なります。クルマの輸出入が上手くできるからといって文化や習慣の輸出入ができるわけではありません。誰もが手軽に全世界に向けて情報発信できる時代だからこそ、その情報を受け取った側がどんな感情を持つのかということもしっかりと考えて日々の行動を行いたいものですね。

アコードワゴン・2.2Vi(CE1型)
全長×全幅×全高 : 4770×1780×1455mm
ホイールベース : 2715mm
車両重量 : 1370kg
エンジン : 直4SOHC 2156cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/01/25 15:25 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(4)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。