旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



旧型車・ホンダ・HR-V(GH1/2型) 

140711a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にホンダから発売されたHR-V(GH1/2型)です。当時ホンダが提唱していた「J・ムーバー」なる概念に沿ったクルマの第2弾として、トールワゴンのキャパに続いて世に出されたロゴベースのSUVライクなクルマでした。ちなみに、「J・ムーバー」とは、オデッセイ、ステップワゴン、S-MX、CR-Vからなる「生活創造車」で新たな生活の形を提案した次の段階として、「Small is Smart」を念頭に置いた、楽しさ(Joyful)を創造するコンパクトなクルマとのことらしいです。次々とクルマを販売し続けるためにはメーカーももっともらしい口実を考えなくてはならないので大変ですね。

 さて、このHR-V、個人的には運転しやすくて使い勝手も良く、初代オデッセイ等よりもずっと良いクルマだと思っていたのですが、私見とは裏腹にあまり販売は芳しくなかったようですね。このカタログは発売時のものなので3ドアモデルしか載っていませんが、HR-Vは後に5ドアモデルが追加され、さらにモデル後半には3ドアモデルが廃止という、ちょっと変わった運命を辿りました。このクルマのキャラクターとして3ドアモデルがもっともまとまっていると思っていましたので、3ドアモデルが廃止された時にはちょっとホンダの営業戦略に疑問を感じたものでした。このクルマ、発売時の3ドアモデルと生産終了時の5ドアモデルとではずいぶん印象が違うんですよね。

 HR-Vは新型が出ることなくこの代で消滅してしまいましたが、現在ホンダから発売されている新型SUVのヴェゼルが米国ではHR-Vとして販売されるようですね。HR-VはロゴベースのSUV、ヴェゼルはフィットベースのSUVですから成り立ちは同じようなものだとはいえ、両者のキャラクターはずいぶん異なるように感じられます。HR-Vは今までにないJoyfulを持ったコンパクトなクルマとして開発されたクルマ、ヴェゼルはSUVやクーペ、ミニバンそれぞれの良いところを融合させることをコンセプトとして開発されたクルマ、コンセプトが違うとクルマのイメージもずいぶん違いますね。

 ホンダに限らず、新型車が世に出されるときには先代のキープコンセプトであったり、新しい価値観を前面に出したものであったり、複数の要素を融合させたり、またはある要素に特化したりと、それぞれにテーマを持って開発されます。それらのテーマは時代背景に大きく左右されているようですが、クルマの歴史もこれだけ長くなってくると、びっくりするような目新しさを感じることは少なくなってきました。もうじきヤマハがかなりカッコいい125ccの3輪スクーターを発売するようですが、自動車メーカーもそれに匹敵するような新たなテーマを提案してほしいものですね。

HR-V・J(GH1型)
全長×全幅×全高 : 3995×1695×1590mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 1110kg
エンジン : 直4SOHC 1590cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/07/11 10:37 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(4)

番外編・名大スーパーポンプ 

140626a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140626a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140626a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140626a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140626a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 写真の空気入れ、今では粗大ゴミ置き場でも見かけることができないほど古臭くて錆だらけの物体ですが、我が家の自転車用空気入れとして立派に現役で活躍してくれている物です。その名も『名大スーパーポンプ』、名大といっても名古屋大学のことではありません。「大橋鉄工株式会社」という現在も自動車部品メーカーとして愛知県で活躍している会社が1933年から製造していたという、自転車に詳しい方ならもしかしたら知っているかもしれないというブランドの空気入れです。

 2007年には自転車部品製造から撤退しているようなので、現在ではもう『名大ポンプ』を購入することはできないようですが、メイド・イン・ジャパンの空気入れを造っていた最後の会社だそうです。この空気入れ、父が購入したのか、祖父が購入したのか、現在は二人ともいないので私にはわかりません。ただ記憶にあるのは、今から30年ほど前に私自身がこの空気入れのピストンパッキンとホースを交換しました。ホース止め金具の位置が移動しており、以前金具があった位置の錆が少ないのはそのためです。少なくとも、30年前の時点でホースやパッキンが劣化していましたので、購入時期はそれからさらに数十年前だと思います。

 それにしてもこの空気入れ、写真でお分かりの通り、無駄にごついです。土台、足踏みはもちろん鉄の塊、本体も鉄、取っ手は木製、実際にかなり重いです。私が物心付いたときには既に写真のような錆だらけの状態であり、補助輪を付けた自転車に乗り始めた頃にも親父がこの空気入れで自転車のタイヤに空気を入れてくれていたことをなんとなく覚えています。それから数十年、うちの家族は皆この空気入れで自転車に空気を入れ、我が家ではこの『名大スーパーポンプ』こそが自転車の空気入れです。

 よく「良いものは一生もの」と言いますが、少なくともこの空気入れは「一生もの」ではなく、「二生ものか三生もの」です。「日本はものづくりの国」と言われているようですので、自信を持ってこのような物を造り続けてほしいものですね。親父かじいちゃん、誰が買ったかわからないけど今も問題なく使えるよっ!という製品がどの家庭にも普通に存在するようになってくれば、生産資源が今の世の中に本当に必要な方向へ自然と向けられていくようになるかもしれませんね。

 国語、英語、数学、理科、社会。数学と理科はいつも5だったけど国語、英語、社会は3の子がいました。その子は国語と英語と社会を4や5にすることは考えず、数学と理科を「限りなくトップに近い5」にすることだけに全精力を注いでいるようです。とっても頑張り屋さんなんだけど、オール5の子からはいつも少し馬鹿にされているようです。「あいつに仮に数学と理科でほんのちょっと負けても、トータルで俺のほうが上だから・・・」。何事も、バランスが大切ですね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/06/26 20:33 ] その他 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。